飛び込み営業とルート営業どちらが適任?

営業職でも「新規開拓目的の飛び込み営業もアリな営業職」か、「基本的にはルート営業がメイン」かで大きく異なりますね。なにがまず違うのかと言えば、それは離職率が違うと思います。いくら営業の効率化を訴えても、だってやっぱり飛び込み営業って辛いですから。

いや、全然何も気にしないどんとこいマインドな人ならば、飛び込み営業は合っていると思うんですよ。むしろ、飛び込み営業の方が新規顧客獲得時に報酬が入りますので、同じ営業職とはいってもルート営業の営業さんとは収入がえらい違いになるでしょう。

しかしそのような「どんとこいマインド」な人って、希少なものですからね。たいていの人は結構心に無理して飛び込み営業をやっていたりしますので。ですから飛び込み営業アリの営業職の会社の営業部って離職率が高かったりするのです。しかし報酬は魅力…と、言っていましたら堂々巡りになってしまいますね。

まあ営業部経験者としてのアドバイスと言えば、「自分がどちらの営業がいいのかまず見極める」ということでしょうか。離職するのもパワーが要りますので、やはり入る前に自分で見極めておくことが重要でしょうか。