カテゴリー: 法人営業

法人営業での顧客管理の悩み

私は、顧客管理の効率化を考えながら法人営業をしてる中で、悩んだことがあります。
法人営業は、その事業所内で、販売を行っていたのですが、一人や二人ややこしいお客さん居ることが多いです。
私が、法人営業で回っていた事業所があるのですが、そちらのお客さんで一人ややこしい人が居て、自分だけがお得意様だと思っているのか、毎回ややこしい注文を付けてくると言う人が居ました。
会社単位で回っているので、その人一人だけを相手にしたりするのは結構辛かったのですが、最初は注文にも応えていましたし、個人の要望にも応えないといけないので、注文を受け付けていました。
しかし、どんどんそのお客さんは図に乗ってきて、「一緒に遊ぼう」だとか、「飲みに行こう」だとか個人的に私を誘うようになりました。
その一人のお客さんだけを避けて、会社にいかないわけには行かないので、仕方なく、営業回りをしていたのですが、このお客さんの管理は本当に大変だったです。

Categories: 法人営業

法人営業の成功の鍵はキーパーソン!?

一般の消費者相手に営業をするのと、法人を相手に営業をするのとでは、勝手が異なります。一見すると、同じ営業なのだから、トーク力を磨けばいいのではないかと思うと思います。確かに、どちらにも共通して求められる資質の一つが、トーク力です。

 

切り返しであったり、クロージングであったり、共通点は多いです。また、ある見込み客に断られても屈することなく、ダメなら次、その人もダメなら次とメンタルの強さも見込み顧客の育成には必要です。

 

ところが、大きく違う箇所があります。それは、キーパーソンか否かを見極めるスキルに関することです。もちろん、一般の消費者が相手であっても、キーパーソンかどうかの見極めは重要です。

 

財布の紐を握っているのが奥さんなのに、旦那さんを一生懸命に説得しても契約はしてもらいにくいです。しかし、法人営業となると、この点がことさら重要になります。

 

どの会社でも社員が複数名いるはずです。平社員と話していても一向に埒があかないというケースは、よく経験することです。「その契約の決定権を持っているのは誰か?」を理解して、キーパーソンにアプローチするのが、極めて重要になるのが、法人営業です。

Categories: 営業 法人営業